介護事業経営者様このような悩みはありませんか?



[check]職員の「やる気」が感じられない・・・
[check]結束力もバラバラ・・・
[check]職員が定着しない・・・
[check]ご利用者一人ひとりに合わせた「質の高いサービス」とはほど遠い・・・



人財育成って大変ですよね。
時間もエネルギーもかかりますし、自分の思いが中々伝わらない、
せっかく育てたと思ったら、すぐに退職されてしまう。
しかもよりによって一番信頼していた職員が・・・


めげずに「よし今度こそ!」と強い気持ちを持って育成するも、また同じことの繰り返し・・・
「なぜうまくいかないのだろう・・・介護の仕事は特殊だし、仕方がないか・・・」と悩み、
自分に言い聞かせ、気づけば人財育成は二の次になってしまい、
気付けば、日々の現場対応で精一杯。


結局、優れた職員も育たず、定着もしない、
その結果サービスを受けるご利用者様の満足度の向上にも中々つながらない・・・


とはいえ、常に気持ちのどこかで、「人財育成」は、
介護事業経営にはなくてはならないものであり、今後より一層、
競争が激化していく業界の中で、 自社が生き残っていくためには、
「人財育成こそ、差別化の重要なポイントになるのではないか?」と感じて
日々経営をしているのではないでしょうか?


そうです、皆様がお考えの通り、
事業運営の問題解決策は、「人財育成」に尽きると言っても過言ではありません。


ご利用者様で常にいっぱいで活気のある介護事業所には、優れた職員がいます。


優れた職員を育成することで、職場全体のモチベーションを維持し、
チームとして仕事に取り組み、快適な人間関係を構築し、
不安や悩みを軽減したり、仲間と一緒にがんばろう!という連帯感が生まれ、
離職も抑制することが可能となります。


そしてその結果ご利用者様にとって素晴らしい介護サービスが提供できるのです。


「人財育成」の悩みから解放されましょう!




全国で、実績10,390人の「人間力向上研修」を導入することで、職員に「気付き」を与え、

「自ら考え」行動ができるようになり、ご利用者様が感動する介護現場を作ることができます。


人間力向上研修を受講した介護施設様から嬉しいご報告をいただきました。


受講後の介護事業所様からのご報告事例1

~初めて真心を感じて~

○○の職員さんは、いつも一生懸命で真心を感じ、すごく嬉しかったです。夜中に尿器におしっこをする時、時々失敗して漏らしてしまい、下に敷いてあるパットを汚してしまうことがありました。

私は、すごくそれを気にしていたのですが、○○の職員さんは『失敗してないよ。大丈夫』と、いつも声掛けしてくれました。失敗していることは、自分でも分かるのだけれど、みんな必ず『大丈夫!漏れてないよ』と言ってくれて、すごく真心を感じました。病院のナースからは得られなかった真心が、本当に嬉しかったです。

移乗がぎこちない時もあったけれど、職員さんの一生懸命な対応が嬉しく、少しくらい我慢できました。細かいところまで気配りをして下さり、『病院とは違うな』と感じていました。

退所後は手術が待っていて、今はすごく不安だけど、春には元気になって歩ける姿を○○の職員さんに見てもらう事を目標に頑張りたいと思っています。初めて真心を感じて、嬉しい気持ちが持てた10日間でした。感謝しています。

受講後の介護事業所様からのご報告事例2

~たまたま頂いたある一本のお電話より~

先日、ある方から、私たちの施設に一本のお電話がありました。その方は、犬の散歩のため夕方、ご近所を歩いていたところ、当施設の職員が、たまたま利用者様の送迎をしている場面を見かけたそうです。

利用者様宅での挨拶の仕方、ご利用者様に対するとても丁寧な対応、そして接遇を目の当たりにして、とても感動し、当施設にお電話してくださいました。

「送迎時の接遇がとても素晴らしかったです。感動しました。本当に心温まる光景を見せて頂き、ありがとうございました」とのお言葉を戴きました。

そのようなお電話を頂き、こちらが感動しました。わざわざ、お電話いただきました○○様、本当にありがとうございました。

職員一同、心より感謝です・・・


職員全員が「熱い想い」を持って一生懸命ご利用者様に接してくれたら・・・




職員を育成するためのスタートは、“はたらく” 意義の認識、(労働観)をしっかりと持ってもらうことです。
“はたらく” とは世の中を良くすること、仕事が存在する以上、それは世の中の役に立っている、人の喜びに貢献している、そのことに職員一人ひとりが自ら気づくことが大切です。

貴所の職員の皆様は・・・

  • 自分の仕事を「天職」と思い仕事にあたっていますか?
  • 不平不満ばかり言いながら仕事をしていませんか?
  • 心から感謝をして仕事をしていますか?



職員が自分の仕事を「天職」と思い、不平不満を言わずに、心から感謝をして仕事をしてくれるようになるためのノウハウを公開。「介護人間力向上の秘訣!」を今すぐダウンロードいただけます。


画像の説明



これからは「人間力」が介護事業所の差別化のポイント




それでは優れた職員を育成するには、どうすれば良いのでしょうか?
よい介護サービスを提供するためには、技術力のスキルを磨くだけでは不十分なのです。

これからは、いよいよ「人間力」の時代が到来です。
「何をやるか」ではなく、「誰がやるか」で、ご利用者様やご家族様の感動(満足度)が決まります。

なぜならば、同じことをやっていても、ある人がやれば「感謝の声」「感動の声」が返ってくるのに、別の人がやれば「苦情」や「不平不満の声」が還ってきてしまうからです。

お客様の満足は、職員の質で決まります。介護の仕事は、体と心を扱う仕事です。
そして、お客様の満足は、

お客様の満足=サービスの質=職員の質

で決まります。
本物の介護のプロになるためには何が必要でしょうか?
人財育成とは、人の何を育成するのでしょうか?
人財育成には「能力開発」と「心田開墾」が必要なのです。




画像の説明

powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM