今年から復興特別所得税が給与から徴収されます

平成23年12月2日に東日本大震災からの復興のための施策を実施するために必要な財源の確保に関する特別措置法が公布され、これにより、平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間、源泉所得税と復興特別所得税を併せて徴収し、その復興特別所得税を源泉所得税と併せて納付しなければならないことになりました。

これにより、会社は、給与や賞与について、源泉所得税と復興特別所得税を併せて徴収するように給与計算をしなければなりません。

1.源泉徴収すべき所得税及び復興特別所得税の額

源泉徴収すべき復興特別所得税の額は、源泉徴収すべき所得税の額の2.1%相当額とされております。

2.給与等に係る所得税及び復興特別所得税の源泉徴収

給与等については、平成25年分以後の源泉徴収税額表に基づき、所得税と復興特別所得税の合計額を徴収し、1枚の所得税徴収高計算書(納付書)で納付します。

この復興特別所得税の創設に伴い、今年からは源泉徴収税額表が変更され、復興特別所得税も含んだ税額表により、源泉徴収税額が決定されます。

コメント


認証コード6765

コメントは管理者の承認後に表示されます。