平成25年1月末から年金記録確認キャンペーンが始まる 予定です

日本年金機構では、継続的に、持ち主のわからない年金記録について調査を行っています。
しかし、現在でも、まだ多くの持ち主不明の年金記録が残っています。
そのため、少しでも多くの記録の持ち主が判明する事を目指して、1月末からキャンペーンが行わます。

その内容は、次のとおりです。


(1)年金受給者、被保険者すべての人に、「ねんきんネット」を利用していただく時に必要なアクセスキーが郵送されます。

(2)記録の漏れや誤りが起こりやすいケースを分かりやすくまとめ、郵送などで、皆様にお知らせされます。

(3)年金記録に気になる点がある人に対しては、年金事務所等で相談を受けることが予定されています。


通知が届いたら、ご自分の年金記録を確認することが必要です。
これによって、過去の記憶が思い出されるかもしれません。
漏れ、誤りなど、お心当たりのある方は、ご本人から申し出て下さい。


又、1月末から、「年金ネット」を導入している市町村では、年金番号未統合の情報が調べられるようになります。
これによって、いろいろな相談、質問等で、市町村役場・役所などを訪れた方が、年金記録の相談ができ、それによって新たな年金記録を探す事ができるかもしれません。

気になる事がある方は、ご自分の市町村が「年金ネット」を
導入しているのか、問い合わせてみて下さい。

コメント


認証コード8195

コメントは管理者の承認後に表示されます。