被災者雇用開発助成について

震災から2年が経ち、被災地の雇用状況は改善の兆しが見えてきましたが、ま
だ十分とは言えまいため、震災により離職を余儀なくされた人(被災離職者)や被災地
域に住み、仕事を探している人(被災地求職者)を雇い入れた事業主が受給できる助成金がございます。
平成25年1月現在で約4万4千人の対象者が雇用されたとのことです。

【助成対象となる事業主】
東日本大震災による被災離職者や被災地求職者を、ハローワークなどの紹介に
より、雇用保険の「一般被保険者」(継続して1年以上の雇用が見込まれる労働
者)として雇い入れる事業主

【雇入れの対象となる労働者】
○被災離職者(全ての条件に該当すること)
(1)震災発生時に被災地域(災害救助法が適用された市町村。東京都を除く)で
   就業していた
(2)震災により離職を余儀なくされた
(3)震災後に離職し、その後、安定した職業に就いていない

○被災地求職者(全ての条件に該当すること)
(1)被災地域に居住している
   (震災により被災地域外に住所・居所を変更した人を含む。震災後に被災地
   域に居住した人は除く)
(2)震災後、安定した職業に就いていない
(3) 震災発生日から平成24年9月30日までに、ハローワークなどで求職活動を
   行っている
  (震災発生時に原発事故に伴う警戒区域・計画的避難区域・緊急時避難準備
   区域に居住していた人は除く)

【支給額、助成対象期間】
 労働者に支払う賃金の一部として、以下の金額を助成対象期(6カ月)ごとに支
給します。助成対象期間は1年です。

 ・大企業   50万円[短時間労働者(※)を雇い入れた場合は30万円]
 ・中小企業  90万円[短時間労働者(※)を雇い入れた場合は60万円]

 ※短時間労働者:一週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の労働者

【助成金の概要】
http://krs.bz/roumu/c?c=8418&m=15250&v=a8598417

を参照下さい。

コメント


認証コード1418

コメントは管理者の承認後に表示されます。