70歳未満の高額養費制度の見直し

高額養費制度について、低所得者に配慮しつつ、負担能力に応じた負担を求める観点から、平成27年1月から下記のように自己負担限度額が」見直される予定です。



【現行の自己負担額】

暦日1ヶ月において、下記の計算で出た金額が自己負担負担額となります。



○上位所得者(標準報酬月額53万円以上)

150,000円+(医療費-500,000円)×1%



○一般所得者(上位所得者・低所得者以外)

80,100円+(医療費-267,000円)×1%



○低所得者(住民税非課税)

35,400円



【見直し案の自己負担額】

暦日1ヶ月において、下記の計算で出た金額が自己負担負担額となります。



○標準報酬月額83万円以上

252,600円+(医療費-842,000円)×1%



○標準報酬月額53万~79万円

167,400円+(医療費-558,000円)×1%

○標準報酬月額28万~50万円

80,100円+(医療費-267,000円)×1%

○標準報酬月額26万円以下

57,600円



○低所得者(住民税非課税)

35,400円

コメント


認証コード0272

コメントは管理者の承認後に表示されます。