第6回介護研究会無事終了いたしました

9月13日 ウィンクあいちにて開催いたしました第6回介護研究会、多くの方に参加いただき誠にありがとうございました。

愛知県中小企業団体央会 愛知県中小企業団体央会 連携調査部 主事 神谷典宏様を講師に迎え、

  • 事業協同組合とは 事業協同組合とは ?
  • 事業協同組合の作り方 事業協同組合の作り方
  • 事業協同組合の活動例紹介

についてお勉強をいたしました。

画像の説明

後半は、ざっくばらんに懇談会をいたしました。

介護事業所にとって、現在(間違いなく将来も)もっとも重大な懸案事項のひとつは、人材不足です。

平成 27 年 6 月 24 日 に厚生労働省が発表した、『2025 年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について 』http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12004000-Shakaiengokyoku-Shakai-Fukushikibanka/270624houdou.pdf_2.pdf

によると、2025年には介護職員が約38万人不足(現在は約12万人不足)します。

いままのままの求人の仕方では、特に小規模事業所は、ますます人材確保が困難になってきます。

また、介護報酬の減額等で介護保険だけの事業形態では、やはり経営が苦しくなってきます。

そのような状況の中、中小の介護事業所が集まって、事業協同組合を作り、

  • 共同で人材研修を行う
  • 共同で購買を行う
  • 本音のお悩み相談室を作る

など、自分たちの経営課題を解決できるコンテンツを構成する協同組合を作るご提案をさせていただきました。

皆さん真剣に聞かれており、積極的なご質問も多くいただき、興味の高さを感じました。
有意義な会だったと思います。

コメント


認証コード7964

コメントは管理者の承認後に表示されます。